おはよございます。
3日目に書いている2日目のブログでございます。

その日のうちに書けるんしょって思っていたけど、寝床探しに難航しているためそう簡単にもいかない。。

深夜、未明とパラパラ雨が降ったり止んだりで屋根なしのところにテントを張ったため、雨音はうるさいし、テント濡れてしまうから次回以降気をつけた方が良いことを知る。

P4200061



近所の人にチラ見されながらも得意のパスタをほうばり、2日目がスタート。

朝はやっぱり、ヒルクライムに限る。

P4200062


P4200063


でんでこ漕ぎながら山道を行く。
もう荷物が重いのなんのって、もうしんどい。
国道でも県道でもない道を走ってるため、道もえぐい。

45度くらいあるんじゃないかっていう道もあったりして、6割くらい転がしていた。
最早リヤカーマンですわね。。
転がすにしても、重さで全然進まないんですけどね。

こんな数行では分かってもらえないだろうけど、そんなえぐい坂を登り辿り着いたのが、竹寺。

P4200067


霧がかかっていてね。

像というかオブジェというか、少し変わっていました。

P4200068


P4200070



P4200071



牛頭明王

P4200073


少しドラゴンボールの牛魔王に似ていなくもない気がする。

こちらには茅の輪があって、ここをくぐると穢れが祓われるとか祓われないとか。

P4200082


P4200076


大都会のコンクリートジャングル凍狂で穢れに穢れた私を祓ってくれたかしら。。

P4200080


P4200079


写真では割とさっぱり感が出てるけど、もっと神秘的な雰囲気があるんだから。


ゲームかなんかだとこういう場合、帰りがけに銅像とかが動き出して、対戦シーンに入るんですよね。。
まぁ、現実はノコノコ坂を下るだけですけど。

これでもかってくらい森林を浴びせられた。

P4200083


坂を軽く下って、また上り坂。
いや〜、たまんない。

P4200085


ヒルクライムに嫌気が差したリヤカーマンが訪れたのは、子ノ権現(ねのごんげん)。

P4200086


霧のせいか、出てきて欲しくないものが出てくるんじゃないかっていう雰囲気が漂ってた。

P4200089


奥に見える赤い人型に気づいた時は、肝を冷やした。

P4200106


でかいし、顔怖いし、赤いしで恐怖。

境内のMAPの下には可愛らしいお地蔵さん。

P4200095


P4200094


”勝訴”っていう文字に変えても使えるような格好。

本堂
P4200098


本堂の脇には鉄のわらじ。
P4200099


足腰の神様だかなんだかで、しっかりとお参りしました。

鉄の下駄。

P4200100



こちらは、スカイツリーと同じ高さ634m?にあるそうで、なんとスカイツリーが、

P4200096



晴れたときには見えるそうです。
霧もそうだし、そもそも曇ってるし。

ゲームかなんかだとこういう場合、帰りがけにあの2体の銅像とかが動き出して、対戦シーンに入るんですよね。。まぁ、現実はノコノコ坂を下るだけですけど。
2回繰り返した意味はない。

帰り際に売店のおじちゃんと話して、また来てね!って言われたけど、二度と行かないわ!
...自転車ではね。


山道をウネウネ下ったり登ったりして、やっとこさ国道へ舞い戻る。

P4200108


本来は国道を突っ切れるルートがあるんですけど、竹寺と子ノ権現に行ってみたくて(こんなきつい坂とは知らなかったけど)。


国道をでんでこ進み、秩父に向かいがてら道の駅でお昼ご飯。
基本的に、腹が減ったら飯を食うスタンス。
まぁ、普通にお昼の時間でしたけど。

P4200109


秩父名物ではないけど、モツ丼。

P4200111


味噌ダレがいいと思ったら秩父名物の味噌を使っているとかいないとか。

秩父に入りまず向かったのは、羊山公園。
芝桜が有名ってことを昨年友人と訪れた際に知って、行きたいなーって思っていた。

P4200113


P4200114


P4200123


行きたいなーとは思っていたけど、こうして一人で来るつもりはなかったww
少し空しさと寂しさを覚えたところだった。

P4200117


P4200119



満開になるのは来週くらいだから、気になる方は是非。

秩父駅の仲見世通りや秩父神社をぷらっと10分くらい散策し、

P4200124


P4200126


ちなみに、秩父は『あの花』の舞台。

P4200127


秩父から国道を北上。

P4200128


チャリを走らせ、深谷に参上。
北に行くほど穀物が豊穣。

P4200129


そんなこんなで深谷と言えば、深谷ネギ。

P4200131


道の駅で購入。
これで¥84だからお安い!

そしてカスタマイズ。

P4200132


どんな後ろ姿かはご想像にお任せする。
っていうか、私も見てみたかった。

ちなみに、こちらのネギは晩飯と3日目の朝食で頂きました。
普通のネギでした。


ネギを装備し、ひた走り熊谷へ突入。
夕方になったので今日は熊谷を寝床にしようとウロウロしていると、お姉さんに声をかけて頂き、近くに聖天様があるのでそこなら野宿できるのは?というアドバイスをもらいそちらに向かう。

こちらが聖天様。

P4200133


P4200137


妻沼聖天山と言い、日本三大聖天の一つで国宝ですって。。


聖天様を参拝し、許可を取ろうとウロウロするも関係者らしき人が見当たらず。。
守衛室的なところを訪れるも、人が居ない。。。

さすがに無許可でテントを張るわけにもいかず、近くに公園がないかとウロウロ。
日も暮れて、さすがに焦る。
焦りながらも、腹が減る。

晩飯を食べた後、聖天様隣の公民館の駐輪場にテントを張ることに、人通りが少ないと思ったけど、たまに人が通るんですよね。
闇夜にうごめく何か(私)を人は恐怖する。

あぁ、まずいなーって思いながらも、とりあえず歯を磨くかと、水道を求め聖天様へ。
歯を磨いていると中から人が出てきて、鉢合わせる。

素性を聞かれ、歯を磨いていますと答える私。
訳を話し、聖天様でテントを張れないかと試しに聞いてみるも断られ、そこで軽い立ち話。

話していくと、こちらの旅の意図等を理解して頂け、じゃあ一晩だけ好きなところにテントを張っていいよと許可を頂く。さらには、持っていた水上のお土産まで頂いた。
去り際に、名刺を頂き、旅の途中でも何かあったら連絡してと。
聖天様には仏様がいらっしゃったのですね。

歯を磨きながら、泣いたのは初めてだ。

もうただただ感謝。
聖天様を教えてくれたお姉さんも、心配してくれた仏様も、聖天様も。
ちなみに、参拝した際に今晩泊めて下さいとお祈りしていたから、まさかそれが叶うとは。。


人の優しさに触れ、温かい気持ちで眠ったそんな2日目だった。


********
走行距離:99.3km(トータル:169.2km)
費用:¥1,232(食費:¥932、観光費:¥300)

********

〜編集後記〜

お姉さん、ホントにありがとうございました!!
観て頂けているか分かりませんが(笑)