テント泊をすると、だいたいは5時前に目を覚ます。
テントを片付け行く支度をしていると、昨日の方が出勤されてきて、朝飯食ってけ!と院内に招待される。おそらく院長さんのよう。

パンとホットミルクを御馳走になり、昨日の洗濯物が乾いていないことを話すと乾燥機使え!と言って頂く(これは少し期待していた)。

結果から言うと、こういうスタイルで走ることになった。

P4220182


乾燥機が壊れていたのか、全く乾かなかったので走りながら乾かすことにした。

院長さんにはとてもお世話なり、ありがとうございました。


P4220186


天気が良くてね。
昨日はなんだかんだで曇っていたし、この旅でちゃんと晴れたのは今日が初めて。

P4220187


日光を目指しながら、難しかったら足尾で泊まるという算段を立て、朝から山登り。

P4220189


最初の頃は坂も緩く、登ったり下ったり。

養鶏場。

P4220191


7個で¥200ですって。

P4220192


買いたかったけど、食べきれません。。

一定の速度で走ると音楽が聴こえてくるメロディーラインがあった。

P4220193


このデコボコが種。

P4220194


っしゃあ!と意気込んで走る。

「ガタガタガタガタ...」

分かってはいたけど、時速50kmで走らないと聴こえないんですって。
今となっては、ガタガタすら聴こえなかったかもしれない。

でも、車に追い越されるとこっち側にも聴こえてくるんですよ。
『歩みの早いものはない〜」って。。

けっこうな下り坂でない限り時速50kmなんて出せません。

途中草木ダムに立ち寄る。

P4220197


P4220198


休憩所にも立ち寄って、昼食。

P4220200


舞茸が名産みたいな雰囲気だったので、舞茸ラーメンを頂く。

P4220201


昔ながらの出前をやってるラーメン屋さんの中華そばの味で、すげぇ美味かった。
懐かしい味。とても好き。
舞茸はまぁ普通だけど、スープが美味い。

招福が流行っている。

P4220202


P4220203


P4220204


恥ずかしながらもやってみたけど、効果はどうなのやら。。
まぁ、大声ではなかった。

雄大な景色。

P4220206


P4220208


個人的には横たわる大仏が好きだった。

P4220210


天気と相まって、のんびり感が出てて良い。


ここからは坂がけっこうきつくなってくる。
ひいひい言いながらも坂を越えて、トンネルを抜けるとそこは栃木だった。

P4220211



第一村人は、人ではなく猿だった。
怖くて写真は撮れなかった。。

市街まで行くには微妙な時間で、足尾に泊まるにはまだ早いのだけども、とりあえず足尾に立ち寄り、プラプラする。

無人駅。
P4220214


銅山で栄えた町だったが、今はもう過疎化が進んでいた。

日光駅等のある市街へはもう無理と判断し、寝床も無人駅に決める。
最終電車が22時半なので、それまですることもないので、店という店がほとんどない中で喫茶店を見つける。
喫茶ラ・ポール
P4220218


ママさんと常連さん2人がいて、常連さん2人は酒を飲んでいた。
カフェオレを飲みながら、ママさんにここら辺の情報を得ようと話し、日本一周をしていると打ち明ける。すると常連さんの1人が、じゃあ今晩ウチに泊まってけ!って。
もう優しいのねーとママさんも普通に話しを進めていき、断りきれず、2日続けてお言葉に甘える。

P4220217


夕食もここで食べていきなと、パスタと焼き鳥を御馳走になりました。
結局カフェオレも常連さん持ちで御馳走に。。

つくづく申し訳ないし有り難い。。。


喫茶店から少し移動したところにある常連さんのお宅にお邪魔して、足尾のことやら身の上話をして夜を明かした。
4日ぶりの布団だったけど知らない人の家ということで落ち着かず寝つけなかった。
そんな4日目。



********
走行距離:53.9km(トータル:304.5km)
費用:¥887(食費:¥650、雑費:¥237※電池を購入)

********


〜編集後記〜
3日目と4日目を更新していたら、もう17時過ぎちゃった。。
どこで寝ましょうね〜。
観光地でもある日光市街って、野宿出来るのかしら。。