5/8(木) 12日目

房総半島編2日目。
久しぶりの野宿だからか、カエルや車の音のせいか、なかなか寝付けなかった。
4時半には目を覚まし、そこから寝たいけど寝られないと悶々とした30分を過ごし、仕方なく5時に起きる。

P5070596


いつもはこの状態に更にカバーみたいのを被せるのだけど、めんどくさかったから被せないパターンをやってみました。微妙に外の明かりとかが見えるし音の聞こえも良いので、やっぱりカバーはしたほうがいい。むしろ、寝られなかったのはそのせいかもしれない。。

いつものようにパスタを食べて、さて歯を磨こうかなーとダラダラしていたら、犬の散歩で来られたおじさんに声をかけられ、30分ほど話しを聞く。その後歯を磨いたりなんたらして、早く起きた割に結局スタートは7時。

昨日は見られなかった海を拝むべく、海に向けていっけぇー!なんてノリで走っていたらいつのまにか
迷子になっていた。

P5070597


P5070598


土地は腐る程あるのに道は限られたところにしかないというジレンマに悩まされながらも、Google先生にお伺いをたて、なんとか脱出。
とりあえず、海に行く前に木更津に来ました。

P5070599


木更津と言えば、木更津キャッツアイだけど、特にその名残もなく(ほとんど覚えてないけど)閑散としていた。
狸たちに出迎えられ、

P5070600


海に着く。

P5070601


恋人の聖地、中の島大橋。

P5070602


平日の午前中は釣り人の聖地と化していた。。

たしか、これはキャッツアイに出ていたのはなんとなく覚えている。
ぶっさんがおんぶされてたような。。

で、登ります。

P5070603


P5070607


この橋車も通るんですね。
びっくりした。。
橋からは木更津市街が一望出来ます。

P5070606


この後から問題が発生。
なんか走りづらいなーと思いタイヤをチェックすると、後のタイヤの空気がべらぼうに少なくなっている。

P5070608

(わざわざ撮りました)

パンクかなと思い、タイヤを外してチューブ引っ張りだして調べるも、穴は発見出来ず。。
こういうとき水と洗面器的なものがあるといいんだけど、そんなもの御座いません。

仕方なく、違うチューブに変えようかと持参したチューブに取り替え、タイヤをチャリにドッキングしようとしたら、破裂音と共にタイヤがパンクした。
換えたばかりのチューブが、、、

おそらくチューブが外側のタイヤに噛まれた状態で空気を入れてしまった、と推察。
まぁ、そういうことが原因でパンクすることがあるんです。

こんなこともあろうかともう1つスペアを持ってきているのが出来る男。
動揺を隠しながらまたチューブを取り替え、空気を入れるが、、、

おや?

空気が、

入らない。

何度も持参したハンドサイズの空気入れで空気を入れても一向にチューブに空気は入らない。。
...どうやら不良品みたい。

暑いし、腹減ったし、喉乾いたし、も〜イヤ!と内心で文句を言いながら、とりあえず、最初のチューブを採用し、空気を入れ直す。
ハンドサイズの空気入れだと十分な空気が入らないため、とりあえず自転車屋さんを探す。

この旅でチャリが使えないと私どこにも行けないな。
で、20〜30分走り、チャリに空気を入れ直し、スペアのチューブを買い、ひとまず安心。

仕切り直して走ると、山に来ていた。

P5070609


坂、嫌い。

途中海も見えるも、向かい風が強いし、お腹が空き過ぎるしでどうでも良かった。

P5070611



で、お昼。
梅乃屋というところの竹岡式ラーメンが有名らしく行ってみました。

P5070612


ラーメン大盛り。
ジャンクフードみたいww
醤油ラーメンでスープが真っ黒なのだけど、そこまでこってりしていない。
していないけど、この量は飽きる。
麺よりスープよりチャーシューが美味かった。

休日には行列が出来るほどの人気店らしいです。
基本相席です。
隣に座った常連の漁師さんと木更津から来た老夫婦と話しながら食べましたw
漁師さんは、兄ちゃん、競輪選手になんなよ!つって去っていきました。

なれませんし、なりません。


気を取り直し、再び走る。
相変わらず向かい風が強いのなんの。この風の強さをどうしたら皆に伝えられるだろうかと思っていたら、本日の観光の山場である鋸山の麓に着いた。

P5070614


ロープウェイで上に登るのだけど、

P5070616


強風で運行休止だった。
伝わったかしら。。

自動車用に上れるところがあるのだけど、チャリで上れるか分かんないし、気違いな坂が出てきそうだから断念しました。

P5070618


そこから風に煽られながら南へと進み、

P5070620


途中なんか走りづらいなーとタイヤを確認すると先ほどよりも後ろのタイヤの空気が大分抜けていた。
まずいまずいと荷物の配置換え等を行い、そろそろいい時間なので道の駅はないかなーと調べていたら、農家のおじさんに声をかけられて、取れたてのびわを頂いた。

P5070624


今が旬。
食べたかったけど、高くて買えたもんじゃなかったので嬉しかった。
おじさん曰く、1個300円はするんじゃないかーって。。

ありがとうございます。

で、近くの道の駅まで向かい、無線LANが使えたので更新しがてら夕食。

P5070621


P5070623


イカフライバーガーとスイートポテト。

帰り際ここら辺テント張っていいですかねーと店員さんに尋ねると、上司の方に確認してきてくれて、そして断られた。
そこから店員さんが3人くらい集まって、あそこはどうだ云々と考えてくれて、近くの駐車場脇なら行けるんじゃ無いかということで、暗くなるまでタイヤに空気を入れたりして時間を潰し、そこにテントを構えました。

風もパンクも大嫌い、そんな12日目。




********
走行距離:90.6km(トータル:1,040.1km)早くも1,000キロ越えw
費用:¥2,400(食費:¥1,320、雑費:¥1,080(チューブ代))

********