6/6(金)20日目

梅雨な日々みなさんいかがお過ごしでしょうか。
20日目は道の駅ひらたから始まります。

こんな感じで寝ていました。

P6050976


今まで外にテントを張って寝ることしかしていなかったから、こうして誰が入ってくるか分からない状況で寝るのはお初。9時前に寝たせいもあって何回か起きたし、トイレに寄ったであろう人がごく稀にやってきていた。
まぁ、でもテント張って寝るよりか良い。少し不安だけど。。。

昨日買った朝ご飯を食べ、出発。

P6050977


相変わらずのどよーんとした空。
雨が降らなければ、北に位置する小野町っていうところに進み山を突っ切ろうと思ったのだけど、雨を恐れた私は無難に国道が通る郡山-二本松-福島ラインを選択。小野町にはリカちゃんキャッスルという興味は無いけどどんなものかは見てみたいところがあったんですよねー。

そんなこんなで、降られる前に下山すべく走っていくとすぐに郡山市へ突入する。

P6050978


下り道なのでスイスイと進むも、雨が降ってきたため雨宿り。

P6050979


5分もせず止んだのでまた進むも、今度は割と強めの雨が降ってきて雨宿り。

P6050980


周りに何も無かったので許可を取って人の家に宿りました。
おばあさんが笑っていた。
「あんた、カッパ持ってきとらんのだぎゃあ?えぇ?」って。
間違いなく”だぎゃあ”とは言っていなかったけど、取り敢えず”へへへ”って答えた。


5分ほどで止んだので先へ進み、郡山市街に出る。
郡山は関東編で寄ったので止まらずにそのまま北上し、二本松に来た。

P6050988


P6050987



駅の近くの二本松神社

P6050981


P6050983


P6050985


P6050984


鳥居の出で立ちが立派だった。。



浪江焼きそばというB級グルメがあるらしく、お腹が減ったので行ってみた。

市民交流センターの中にある杉ノ屋さん。

P6050989


P6050991


P6050990



もとは浪江町にあったのだけど、原発の影響で二本松に避難を余儀なくされて、こちらで営業を再開したのだとか。
焼きそばなんてどれも一緒だろうと思っていたけれど、美味だった。好きよ。
良い意味でB級って感じ。


腹をこしらえたので更に北へと自転車を進める。
そいえば二本松に着いてからは雨が降らなくなった。

で、福島市へ。

P6050993


昨日の予定では、雨で二本松くらいで停滞だろうなーと思っていたので割と健闘している。

ここで悩む。
明日こそ1日雨という予報なので、福島市街のどこかに泊ったほうが明日のことを考えると安全という、福島停滞案。
着いたのが13時なので、夕方くらいまで雨降らなさそうだしもっと先へ進めるという、ガンガン行こうぜ案。
仙台に従兄弟がいて、仙台では彼の家に泊めてもらうことになっているのでいっその事90km先の仙台まで行ったれという、強行案。

とりあえず思いついたのがこの3つ。
で、選んだのはガンガン行こうぜ案。今日のうちに仙台に行ってしまうのはもったいないし、福島市内に留まるのも何だかなーって思った。

ということで先へ進んだのだけど、割と早いタイミングで雨が降ってきてね。
ガンガン行けませんでした。
結果的に呪文をつかうな、くらいだったね。
...意味分かんないな。。



途中コンビニで雨宿りして、少し先にスーパー銭湯があったので今日はそこに泊る事にしました。。
コンビニでは¥1,000頂いたり、コーヒーを奢って頂いたりしてしまった。

物もそうだけど現金はもっと申し訳なく思う。
居づらさから止まないうちにコンビニを出て、スーパー銭湯へ。

P6050994


カッパ王国。
でも、まだ15時。

入ったら夜ご飯を中で食べることになってしまう。
ブログ更新がてらどこかに寄ろうと、来た道を戻りケンタッキーことケンチキに。

P6050995


頂いたお金でプチ贅沢です。チキンが割と小さかったけどさ。。

2時間ほどああだこうだして、カッパ王国へ入国しました。
カッパ王国はThe 健康ランドっていう感じで、大広間があり、そこでは興行で盛り上がっていた。
館内着もエメラルドグリーン色の作務衣的なやつ。

...嫌いじゃない、そう思いながら他の国民たちと仮眠室で寝た20日目。







********
走行距離:101.8km
費用:¥1,530(全て食べたり飲んだりするために使ったよ)

********

〜編集後記〜

だいぶ堅実な旅をしているな。
山道を進み、小野町のリカちゃんキャッスルへ行き、職員の静止を振り切って、なりきりドレスを試着し、そのままの姿でチャリに乗り、山道を奇声を上げながら走り抜くくらいの破天荒さを持って挑んでもいいのではないだろうか。

まぁ、罪は犯さないのは無論だけど、我ながら攻めたねーくらいに楽しいことはしていきたいな。
危険な攻めではなく、楽しさを求めた攻めをさ。

それこそフライドチキンをほうばりながらギトギトの手のままチャリに乗るとかさ。
...まぁ、これは楽しくはないけど。


兎に角、もう少し遊ぼ。

P.S. 川相の送りバント=堅実っていうこと。