6/27(金)41日目

朝の起き方は人それぞれ。
目覚まし時計や他の人に起こされたり、自然と目が覚めたりと。
私の最近の流行は、カモメに起こされることで、起きた時のあの苛立ちは何ものにも換えがたい。

朝食を食べてから今日も出発。

P6262025


P6262026


出発してすぐにとまりん館という原子力PRセンターを見かけて入ってみた。
中はちょっとした科学館のような作りになっており、遊びながら原子力や電気についてなどを学んでいくような感じの施設だった。

開館してすぐ入ったため、よくわからない格好をした大人一人が黙々とアトラクションに挑む姿は異様な光景だったかもしれない。


P6262029


昨日は山間を進んだが、今日は海沿いを行く。
山もいいが、海もいい。でも、一番いいのは追い風で平坦な道。今までそんな道はなかったが。。

P6262028


しかし、北海道は景色が良い。
海も透き通っていて、飛び込みたくなるくらいだ。
もしサンダル、海パン、上裸で走ったら捕まるのかな、なんて思う事もある。きっと気持ちよいことだろう。沖縄なら許されそうな気もする。


トンネルを何度もくぐり抜け、坂を登り、神威岬へ。

P6262040


岬の先端まで行けるのだが、歩いて20分以上かかるらしく、昼以降のことを考えるとそこまでの体力はなかった。こういうことはよくあって、自転車を漕ぐのに疲れて観光する力がなくなってしまう。
考えものだ。


散策しているうちに昼を過ぎたので昼食をと思ったのだが、神威岬の食堂は観光地価格だったので断念し、20km以上先にあるセイコマまで行く事にした。
最初は平坦な道を進んでいたのだが、気づいたら山に入っており、泣く泣くヒルクライム。
腹は空き、汗は流れでる。こういう時はもう少しで上りきる、もう少しで上りきると自分に言い聞かせ、ただただペダルを漕ぐ。
今日はコーラを飲んで良い日!そう思い漕ぎ続けた。まぁ、けっこう関係なく飲んでるけどね。

神威岬から90分以上かかって腹ぺこさんがセイコマに到着。

P6262044


やはりロング缶。




もう坂は上らないだろうと海沿いを進む。

P6262045


ちんこっぽい岩。

P6262047



P6262048


結局坂に捕まり、膝がガクガクになりながら余市の道の駅に到着。
ワクワクさんならぬ、ガクガクさんだよ。

ワクワクさんならぬ、ガクガクさんだよ!
2回言えば面白くなると思っただけ。。



坂を上っている姿を見ていたと言うご夫婦から差し入れを頂いた。

P6262049


ここ余市はりんごが有名なのだと。
とても嬉しかった。


すぐ近くにニッカウイスキーの工場があるので行ってみた。
もう少し早ければガイド付きで回れたのだが、着く時間が遅かった。


P6262051


P6262052


P6262054


P6262053


P6262058


P6262060


P6262064



もちろん、試飲もできる。
顔面を便器に突っ込むほどお酒が好きな私にはたまらない。

P6262061


P6262062


炭酸水を入れてハイボールにもできるのだ。

P6262063


ビールが嫌いな私はとりあえずのハイボール。

疲れていたせいもあって2杯でほろ酔いだった(まぁ、そもそもお酒強くないもの)。
これ以上飲んだらまた顔面を突っ込みそうだったので自粛。芸能人じゃなくても歯は命さ。

ちなみに、このニッカウイスキーの創業者が次の朝ドラの主人公らしい。
なのでここ余市が舞台のひとつでもあり、近く余市ブームが来るのではと地元の人が喜んでいた。


少し歩いたところに、温泉が割引で入れる雑誌『HO』で半額で入れるお風呂があったので行った。

P6262067


お風呂の上が無料の休憩所なので、そこで電源をお借りしながら夜ご飯。
甘エビのかきあげ丼。

P6262068


美味かった!
温泉の前がコンビニだから、そこにしようかなーと思っていたけど、ここで食べて良かった。
お値段も¥500と割安だったし。

ちょうどブログの下書きを行っていたところをこの温泉の社長さんに見つかり、こんなことやってんですよーという話になった。いいね!とFacebookばりのものを頂き、駐車場にテント張りなよと場所を提供して下さった。

閉店ギリギリまでいさせてもらい、社長さんに挨拶すると、休憩所の中で寝ていいよ!と上げてくれた。
休憩所に上がると、これから夕飯を兼ねた晩酌のようで御呼ばれされた。

P6262069


やはりハイボール。
その隣が干物、カレイと何かだった。マヨネーズ付けるとさらに美味い!
その手前がブルーチーズで、臭みがあまりなく美味かった。

P6262070


右が社長さん。
3人で飲んでいたが、蟹を食べると黙る時と同じ現象で、3人とも黙々と干物を引きちぎって齧りついていた。
手作りの塩辛やらウニも御馳走になり、もう最高だった。


手についた干物の匂いは翌日で消えたが、余市での思い出は消えることはないだろうと思い、我ながら上手いこと言ったなとドヤ顔で締めくくるそんな41日目。







ランキング参加しております。
何回クリックしても結果は変わらないらしいので、1回だけ押して頂ければ大丈夫ですよ。
さぁ。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村



*******
走行距離:100.2km(トータル:3,045.5km)
費用:¥1,445(食費:1,235、費用:¥210)

*******

〜日本一周あるある〜
・熊出没注意の看板を見かけると、不謹慎にも森のくまさんを口ずさんでしまう。

・トンネルに入ると奇声を上げてみる。



85あるあるくらいは行くんじゃないかな。