文才がない。
文才とは、文章を書く能力。
そう、文章を書くのが苦手なのだ、私は。

学校でレポートの課題が出たのだが、全然に筆が進まない。まぁ筆と言っても下書きをPCでやっているから正確には筆ではないのだけど、そんなことはどうでもいい。むしろ、この話自体どうでもいい。
文章を書くのが苦手と言ったが、きっと自分の考えとかを外に発信するのが苦手なのだろう。だから話すのも苦手。学校が始まって約2週間が経ち、人とあまり話すこともなく、家に帰っては料理を作り、それをinstagram(俗に言うインスタってやつ)に載せては無駄に満足をしている毎日だ。インスタを始めるきっかけも当時仲の良かった女の子(その後付き合うも2週間でフラれることになるとはその時はまだ知る由もなかった)に勧められて始めたのだけど、フラれたのがきっかけでぱったり使わなくなった。始まりも終わりも女。まぁ、そんなもんだ。で、京都進出を機に観光地とか行ったり、これから出来るであろう作品を載せることを考えたら写真をメインでアップ出来るインスタを再び始めようではないかと思った(ちなみに、唯一のフォロワーであった前の彼女は私をブロックしていたことは言うまでもない)。それが結果的に日々の晩ご飯を晒す独身OLみたいなことになったわけである。きっとそのうち猫とかラテアートとかパンケーキをアップしているかもしれない。

何はともあれ、ご覧のように文才がない。
そして、ご覧のように電気料金を支払わなくてはならない。あぁ、ご覧のように買い物も行かないとな。ご覧のようにフライパンも1,2周り小さいのにしたいし、ご覧のように水筒も欲しいし、、、


そう、ご覧のように、私は今日も元気です。